男性の医療脱毛はこちら

リフトアップ【HIFU(ハイフ)】

リフトアップ
【HIFU(ハイフ)】

次世代のフェイスリフトで、肌のたるみを
切らずにリフトアップできます。

HIFU(ハイフ)とは

リフトアップ治療

HIFU(ハイフ)とは、High-Intensity-Focused-Ultrasound(高密度焦点式超音波)の略称でフェイスラインや頬のたるみを改善し、リフトアップ効果を得るための施術です。肌のたるみは線維性筋膜(SMAS筋膜)と呼ばれる、より深部の筋膜組織にたるみの原因があると言われており、このSMAS筋膜をも含めたリフトアップ効果を得る手法が最も理想的なたるみ治療と考えられます。

HIFU(ハイフ)は超音波で肌の深い所へアプローチすることで肌が活性化されて新しいコラーゲンを増殖させるため、皮膚の厚みや弾力が増してリフトアップ効果を生み出します。また、超音波を収束させることで狙ったターゲットにのみ有効で、他の組織に影響を与えないことが特徴とされている、今までにない画期的な技術です。メスや注射器などで肌を傷つけないためダウンタイムもほとんどなく、気になる部位を引き締めることが可能なため人気です。

次世代の医療HIFU(ハイフ)
治療 Newダブロ

最新の超音波HIFU(ハイフ)治療器であるNewダブロは、皮膚(表皮)にはダメージを与えることなく、メスを使わず、非外科的にSMAS筋膜に超音波を高密度に焦点に収束させ、非常に小さな範囲に限局性の熱変性を多数生じさせることで筋膜組織の再構築を促します。また大量のコラーゲンが生成されることにより、さらなる引き上げ効果を得るという、ダウンタイムといったリスクを負うことなく超音波によるHIFU治療(切らないフェイスリフト)を可能にします。

このような方にオススメです

HIFU(ハイフ)治療器
Newダブロの特徴

痛みやダウンタイムが少ない

痛みやダウンタイムが少ない

Newダブロは他HIFU機器に比べて、超音波の焦点を広範囲にドット照射し、より均一にあてることで熱エネルギーが分散するため、痛みやダウンタイムが少なく、小顔リフトアップ効果を高めていきます。

ショット数が多く、
照射スピードが速い

ショット数が多く、照射スピードが速い

Newダブロはライナー照射が可能です。他HIFU機器に比べてショット数が多く、照射スピードが速まり、照射時間の短縮(時短)のHIFU治療が行えます。

オーダーメイド施術が可能

オーダーメイド施術が可能

Newダブロの焦点距離(深さ)は皮下4.5mmの線維性筋膜(SMAS筋膜)、皮下3.0mmの真皮下層、あるいは皮下組織の2つの層に超音波エネルギーを効率よく確実に与えることで、立体的なリフトアップが実現できます。

“Newダブロシャワー”で
肌質改善・美肌効果

“Newダブロシャワー”で肌質改善・美肌効果

皮下2.0mmの真皮上層のみにアプローチするNewダブロ専用カートリッジを用いた“Newダブロシャワー”は、まるで超音波の熱シャワーを浴びるように肌の浅い層へスピーディーに連続照射を行うことで蓄熱・タイト二ング効果をつくり、肌を引き締めます。また肌のハリやツヤ、小じわ、毛穴の開きなどの肌質改善・美肌効果も実感できます。たるみが軽度の方、痛みが苦手な方などにお勧めです。

料金表

3D全顔

初回トライアル 税込107,800円
1回 税込132,000円

3D全顔+顎下

初回トライアル 税込121,000円
1回 税込154,000円

3D全顔+顎下+目周り

初回トライアル 税込148,500円
1回 税込187,000円

目周り

1回 税込55,000円
コースに追加 税込33,000円

顎下

1回 税込38,500円
コースに追加 税込22,000円

治療詳細

治療時間 約20~30分
麻酔 必要ない程度の痛み
※ご希望に応じて笑気麻酔などご用意しております。
メイク 当日から可能
入浴・洗顔 当日から可能
施術後の
ケア
日焼け止め等で万全の紫外線対策を心がけて下さい。

院長紹介

秋田 護

院長 秋田 護

略 歴

  • 2007年 日本大学医学部卒業
    大学病院、関連病院(国立病院機構災害医療センター、川口市立医療センター、横浜中央病院、小石川病院など)で勤務
  • 2016年 NGO(NPO法人ジャパンハート)に所属し、ラオス、カンボジアを中心に医療活動
  • 2017年 医療法人役員、在宅医療、美容クリニック勤務など
  • 2019年 ウィクリニック銀座院 院長就任
  • 2021年7月 Kaleido Clinic 院長就任

資格等

  • 医学博士
  • 日本整形外科学会専門医
  • 認定産業医