男性の医療脱毛はこちら

ほくろ除去、いぼ除去(CO2レーザー)

ほくろ除去・いぼ除去
【CO2レーザー】

CO2(炭酸ガス)レーザーは、ほくろやイボ、
盛り上がっているシミなどを除去する際に使います。
皮膚表面を削りますが、真皮を残した状態での処置となるため、跡が残りにくいことが特徴です。
痛みも少なく負担が小さい治療法といえます。

CO2(炭酸ガス)レーザー

CO2レーザーは
こんな方におすすめ!

CO2レーザーとは

CO2ガスレーザーイメージ

CO2レーザーとは、ほくろやスキンタグと呼ばれるイボ、盛り上がっているシミなどを除去できる治療です。患部周りの皮膚にはほとんど影響がないうえ、除去部分も真皮を残すため跡が残りにくいです。ニキビやニキビ跡改善にも効果があります。

レーザーを使っての治療ですが痛みは少なく、治療後の影響も小さいため手軽に処置ができます。メスを使って切除した場合よりも治るのが早い点も特徴です。

顔だけでなく、目立ちやすいデコルテ(首筋から胸元)や荒れやすい背中、その他身体の各部位にも照射することができます。

CO2レーザーで
治療できる箇所やその効果

盛り上がったほくろやイボを除去できる

盛り上がったほくろやイボにCO2レーザーは効果的です。
CO2レーザーを患部に照射することで、細胞に含まれる水分がエネルギーを吸収、蒸散作用をおこします。これにより、瞬間的にほくろやイボの患部の組織が除去されます。

シミやそばかすを除去できる

大きく盛り上がっている患部だけでなく、シミやそばかすといった症状にも適用できます。
シミやそばかすは、紫外線を浴びて表皮にメラニン色素が分泌されることで発生します。不安定なホルモンバランスやストレスも原因のひとつです。分泌され表皮に残ってしまったメラニン色素も、CO2レーザーによって取り除くことができます。
自然治癒が難しいものですので、除去を望むのであればCO2レーザーによる治療が効果的です。

ニキビ・ニキビ跡を改善できる

ニキビやニキビ跡にも、CO2レーザーは効きます。
大人ニキビはホルモンバランスの変化やストレスが原因で起こり、なかなか治りにくいです。
一度跡になってしまうと消すことが難しく、長い間残ってしまいます。
CO2レーザーであれば、治りにくいニキビや残ってしまったニキビ跡を治療することも可能です。

CO2レーザーの特徴

痛みの心配はあまり必要ない

痛みの心配はあまり必要ない

CO2レーザーの治療は、患部にレーザーを当てる必要があるため、麻酔の注射を打つ、もしくはクリームを塗ってから施術します。多くのクリニックで「痛みはほとんどない」とHPに掲載がありますが、感じ方は人それぞれであるため、「全く痛くない」と断言することはできません。
しかし、痛みは感じたとしても「針で刺された程度」であり、治療後に赤みやヒリヒリを感じた場合でも1日程度で改善します。

※肌が弱く敏感な方は、施術前に担当医師と相談しましょう。

水分に反応する

水分に反応する

CO2レーザーは水分に反応するという特徴があります。
皮膚には水分が多く含まれています。レーザーを照射することで、患部である皮膚の細胞内に溜まっていた水分が反応し熱エネルギーが発生するのです。これにより生じた熱が水分を瞬間的に蒸散させ、そのときに皮膚が削られます。

出血はほとんどない

CO2レーザーは皮膚を削り患部を除去するという治療法ですが、出血はほとんどありません。
レーザーを照射することで皮膚が削れる際、どうしても血管に傷が付いてしまいます。
しかし、熱凝固作用が働くため傷ついた血管は一瞬で固まります。
メスを使用した除去だと出血してしまいますが、CO2レーザーであればその心配もあまり必要ありません。

患部の治癒がメスを使った施術に比べて
早い

CO2レーザーを用いた治療は、メスで切除した場合に比べて患部の治癒が早いと言われています。
CO2レーザーは水分の蒸散作用を利用したものですが、蒸散作用が起こるのは皮膚の表面に限られます。
真皮や周辺皮膚にダメージを与えないため早い治癒が実現できるのです。
CO2レーザーは治療後の経過を気にする方に向いた治療と言えます。

施術料金

CO2レーザー

ほくろ、イボ 1個 税込5,500円
取り放題(10個まで) 税込33,000円

施術の流れ

治療箇所の診察・カウンセリング

診察・カウンセリング

治療する箇所の診療およびカウンセリングを受けます。

患部の症状について確認したうえで、治療後に期待できる効果、治療のリスクをご説明します。CO2レーザー治療に関する不安や疑問などがあれば、このタイミングでお気軽にご質問ください。疑問点、不安を抱えたまま治療を受けることがないようにしましょう。

施術部位を麻酔

麻酔

CO2レーザー治療にあたって、施術部位には局所麻酔を行います。

麻酔の方法はクリームや注射などがあります。不安であれば、麻酔方法についても最初のカウンセリング時に当院のスタッフへお申し付けください。
この麻酔によって、痛みを感じにくい治療を受けることができます。

レーザーの照射

施術

麻酔が済んだら、実際にCO2レーザーの照射に入ります。

治療時間は照射部位の状態により異なりますが、長くても数十分程度です。平均的には5分~10分ほどで照射が完了します。麻酔が効いているため痛みはほぼありません。また、出血もほとんどないので安心して治療を受けることが可能です。

治療後、経過観察

薬

治療が終わったら化膿止めの薬を塗り、アフターケアの薬を処方します。

治療後は患部の日焼けに注意する必要があるため、UVケアについて丁寧にご説明いたします。治療してしばらくは経過観察が必要です。治療後2~3日でかさぶたが生じ、10日ほどはテープを貼って日に当たらないようにします。完全に元の肌のような色に戻るまでには数ヶ月程度かかるので、それまでUVケアや薬の使用を欠かさず行いましょう。

術後の経過

スキンケア

10日程でかさぶたがはがれてきます。できたかさぶたは治りが遅くなる可能性があるため、無理にはがさないようにしてください。

かさぶたがはがれたら、3ヶ月程度は患部に日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。患部がピンク色になってくぼむことがありますが、3〜6ヶ月で元の肌に戻ります。

CO2レーザーの3つの注意点

保険適用されない

CO2レーザー治療は美容目的の場合、保険が適用されない治療です。
そのため、治療費がやや高額になる傾向にあります。

しかし、例えばまぶたの下にほくろがあり視界の邪魔になる場合など、疾患としての問題がある症状の場合は保険適用となります。
生命保険会社や共済組合などの医療保険に加入している人が保険診療で手術を受ける場合、手術給付金が受けられることがあります。ご本人による手続きを踏まないと給付を受けられない点にご注意ください。

日焼けしてはならないためUVカットが
必要となる

CO2レーザー治療後は、患部の日焼けを防がなければならないので、UVカットが必要です。
日焼けしてしまうと、せっかくの治療効果が薄れてしまうおそれがあります。
患部の日焼けに気をつけなければならないということは、カウンセリングや治療後にご説明します。

治療後のダウンタイムでは一時的に
凹んだり跡が残ったりすることがある

症状の程度によって、患部の日焼けを防がなければならないので、UVカットが必要奥まで根付いたイボやほくろは、根本からくり抜く必要があり患部を削って除去するためです。また、患部を削っているため、削られた部分が跡に残る可能性もあります。

凹んだ状態は気になるかもしれませんが、あくまで一時的なものですので問題ありません。